新宿の医療脱毛アドバイスサイト

新宿等で目にする機会の多いエステサロン、クリニック。どちらも永久脱毛を謳っておりますが、医療脱毛の効果、アフターケアで選ぶなら、どちらを選べば良いでしょうか?

医療脱毛の施術が受けられない人

医師が行う医療脱毛は、黒い色にだけ反応するレーザーを照射することによって、

毛根にある黒い色素、いわゆるメラニンですが、メラニンにレーザーが吸収されて、熱エネルギーに変換されるとのことです。

その熱エネルギーが、毛根にある毛乳頭、毛包幹細胞といった組織を破壊し、毛の再生を停止、遅延させることによって、脱毛効果が得られるというものになります。

従来のレーザー脱毛と違い、肌へのダメージが極めて少なく、肌の弱い人、敏感肌の人でも安心して、施術を受けることができます。

ちなみに、新宿にあるクリニックで一般的に使用されているジェントルレーズの場合、最大照射面積は直径18mm、かなり広い範囲の脱毛が短時間で完了します。

また、治療回数に関してですが、両わきならば3回から5回、腕、うなじ、脚ならば5回から7回ほどで、永久脱毛に近い、高い効果が得られるとのことです。

この回数で脱毛を終えたい人は、新宿、渋谷等激戦区と呼ばれる街にある美容クリニックで、安価なプランを探してみてはいかがでしょうか。

ただ、医療脱毛の施術が受けられない人がいらっしゃいます。

まず、妊娠中の人。

絶対に無理だとは言いませんが、施術によるストレスによって、胎児へ負担がかかる恐れがあるとのこと。

避けた方が、賢明です。

続いて、サーフィン等により、脱毛する部位が日焼けをしている場合は、日焼けがおさまり、肌が元に戻った状態でなければ、施術を受けることはできません。

それから、何かしらの病気により、皮膚感染や単純ヘルペス等がある人も受けることはできません。

Comments are currently closed.